December 13, 2010

New New

皆様ご無沙汰しております。sushiは元気にやっておりますが、ここ1-2年は、仕事での大きな成長の機会でしたので、そこに集中しておりました。が、先日、最近、自分への投資が減っている、また自己発信の機会が少ないことを指摘され、2011年には再度ブログをはじめることになりました。

ブログ再開にあたっては、ブログ自体を移行する予定です。

再開まで、もう少しお待ちください。

| | Comments (170) | TrackBack (0)

September 13, 2009

Bun Cha

ベトナムのハノイで食べたブンチャー(つけ麺)。いろいろ食べて教えてもらったけど、結局これが一番うまかったなぁ。
Image036


ホーチミンやバンコクと比べると、娯楽がかなり少ないようで、現地で飯をくったゼミの先輩はそれが悩みだといっていた。あまりにも暇だけど、自宅でのんびりしていてもしょうがないから、ゴルフをやり始めたとか。うーん、好きでないと開発国(特にローカル)での勤務は難しいということか。私はノープロブレムだけど。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

September 03, 2009

1年ぶり浦東空港

今中国の浦東空港におります。ターミナルが二つあるのですがターミナル2は非常に施設が新しくて清潔感はあるものの、何もない・・・ラウンジで過ごしています。良いのはターミナル全体で無線ランが無料なことは◎。中国に住んでたのがもう1年前という気はしないのだけれども。

先日、ひょうんなことで知人経由であるアパレル会社の超有名社長にお会いする機会がありました。メインはアジアや中国の市場に関して少し話をし和やかだったのですが、経営論になった瞬間空気が一変。方向性や徳を説くだけでなく、最近は細部まで踏み込んである場合は強引に数字も含めて徹底的にやること、モチベーションコントロールなど、今チャレンジを経験している私自身に対するアドバイスやいくつも宝のようなメッセージを経験談とともに頂き、私はファンになってしまった。モチベーションが大きくアップしました。今その関連の本も読んでます。

ファイナンスはもう少し勉強しよう。

これからベトナムはハノイ行きです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 09, 2009

もっと遊べと

世の中不確実性の時代と言われて既に10年以上も時間がたった。確かにネットや便利さの向上は効率化を生み出し、環判断や環境の変化のスピードが速くなった。でもぼくらはそんな不確実性と一緒に生きるしかない。

最近長時間仕事をしているけど擦り切れるほどやっていて苦しんでいる後輩から相談されることがあって、先が見えない、今の会社は別に自分がやりたい仕事ではないけどやりたい仕事があるわけではない、どうしたらよいかということなのだが、私のアドバイスとしては、『もう少し遊んだらどうか』という話をした。

遊ぶためには仕事を効率化して、断ることは断り集中できるから目的意識が上がる。遊びで仕事とは異なるネットワークで人脈ができればそこで思考や価値観の化学反応が起こるしかない。結局のところ自分でやりたいことを見つけるしかないのだから、その時間を作るしかない。逆説的だが、遊びをすること(心理的な余裕)がいい循環を生むと思った。これはお金ではない。

私は不確実性に対する耐性は確かに強いと思うが、実際は、耐性というよりギリギリの環境でのチャレンジを望み、より自分がしたいことをしたい為のメッセージの発信・効率化をしているだけなのです。社内では猛烈な仕事をしているように指摘をされることもあるんだけど、自分のやり方と結果を認知してもらった結果、どんどん自分のペースで仕事ができ、結果総労働時間はどんどん減っている。最近自分の教養のなさを痛感しているので、そういうところに時間を費やしています。音楽活動も徐々に再開!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 23, 2009

肌寒いシカゴ

Image003先週末は名古屋で大きなイベントがあってそのローンチが終わったと思いきや、東京にトンボ帰りして、シカゴへ。日本は3連休だけど、こちらはアメリカについてすぐさまMeeting。さすがに体に来たようで、飛行機の中からゲホゲホ、到着次第気管支炎と熱発でセッションをスキップしてしまった。しょうがないのでホテルで打っているCold&Fluの薬を飲んで静養する。おかげで大分良くなった。

飛行機の中では、友人が配給をやっている『愛を読む人』を映画でみる。実はこの原作を読んだのは私がまだ19のころで、そのころは妙に感傷的になった覚えがあるからこそ、映画で可視化されてしまうと、読んだあとのわだかまりが妙にすっきりしてしまい、なにか忘れ物をしてしまったような感覚になる。それでもなお、この書籍はすばらしい。男の理想主義ではないけど、ロマンは感じるよなあ。

シカゴではオヘア空港の近くのホテルに監禁されていろいろと。久しぶりのアメリカだったけど、シカゴエリアはアジアテイストがまったくないため、2日目にたまらず中国人と一緒にアジア食を食いにいく。かれは先週からノルウェーにいってそのまま入ったらしく、アジア食が1週間半ぶりだという。ご愁傷様。アメリカの唯一嫌いなところだが、しょうがない。アメリカ人が日本のうちの会社に来たとき、ランチがピザということを聞いてスキップしていた、といううそのようなホントのはなしがあるけど、舌の好みは変えようがないということなんだななぁと。

次回はホワイトソックスかカブスの野球を見る余裕を日程に持ちたいなぁ。アメリカの一番好きな場所は、私は野球所だ。そして明日はまた飛行機に乗って、成田経由で大阪へ。家に変える暇なく長期出張はつづく・・・

| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 28, 2009

OB会

昨日大学時代のゼミのOB会で、赤坂のインドネシア料理にいってきた。海外滞在などでちょっとゼミ関係は特定のやつとしか付き合いがなかったのだけど、いって本当に楽しかった。教授も週の半分はジャカルタで生活しているようで、今の仕事とのシナジーも増えそう。仲のよい後輩からも結婚のお知らせも聞けてよかった。ニューヨーク出張時に相談されてから、もう2年。時が過ぎるのは早い。

変化をこの1回の会ですべて追えたわけではないけれど、皆が、どういうことに感動し、喜び、悲しんでいて、それに向き合おうとしているか、その思いを一通り体感したつもり。それによって、止まっていたいくつかの時間が、今日から動き出しそう。

6年上の先輩から、いまの大学3年生の現役生に『こいつは大学時代の思いを仕事で体現しているやつだから・・・』と紹介された。うーん、とっても光栄なんだけど、いまは自信をもってそういいきれる仕事内容では、実はちょっとないかもしれない。けれど、上司にはそういう思考、ビジョンは理解していただいているし、ビジネスインフラで世界を途上国の社会を本気で変えようと思っているし、中国から戻ってきて一つ仕事が落ち着いたので、また中長期を見据えて仕事内容もシフトしていこう。

ラム酒のショットx3、かなり効いたな・・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 26, 2009

ボンベイサファイヤ

今丁度千歳空港のラウンジ。仲間と1便違う飛行機しか取れなかったので、ひとり1便遅れて東京に戻る飛行機をまっています。昨日の夜はすすきので海鮮料理屋へ。ホッケの刺身は相当おいしかったな。あれだけおいしい回線物を食べると、東京ではなかなか満足できるお店にはいけない。なので、ビールx2, 日本酒x3、ワインx3と相当飲んで、同僚にも『初めて酔っているところを見た』といわれるほど飲んだ。前日睡眠不足だったこともあるかもしれない。

では、酒がもっと強かった学生時代はぜんぜん酔っていなかったか・・・といえばそんなことはなくて。確かにビールや焼酎ではぜんぜん酔わないけど、基本的に好きなお酒はスピリッツ類。ジン、ウォッカ、テキーラ。特にスパイシーな酒のストレートが好き。となると、ボンベイサファイヤやズブロッカ、たまーにベルベデール(はすっきり系)となる。

特にボンベイは相当好きで、常に自宅の冷凍庫に入っていて、あまり家では飲まないんだけど、飲みたいときに、ショットグラスで、グーットのむのが好き。クラブでも飲むとしたら、ショットガンかボンベイ。うーん、飲みたくなって来たので、予定変更で、羽田に着いたら、クラブ友達に電話しよっと。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2009

嗅覚と聴覚2

同僚の女性とランチ時に話をしていて、『男性って女性の目をよくみるでしょ』『確かに俺は女性に限らず人の目をみて妄想するのがスキだけど』『そうではなくて人を見るときに外見をみるでしょ』『いや俺は性格を見るな』『だからあなたの好みの話は聞いていない』。。。という話しがあった。まぁあえて真面目に応えていないんだけど。

確かに私は人と初対面の際、眼力をかなり注目してみてしまう。自信がある・ない。コミュニケーションがうまい・不得意。積極的・保守的などなど。昔余りにヒマで、山手線を1週、人物観察だけで回ったことがあった。実はサマーエクステンションプログラムでUC Berkeleyに行ったサンフランシスコでも(フランス人とドイツ人とイタリア人とスイス人を見分ける方法を知人に教えてもらって、コーヒーショップに入って観察した)したんだなぁ。

で話を戻すと、ようはその同僚がいいたいのは、『男性は女性の視覚での印象を重視する』『女性は男性の聴覚(音・声)での印象を重視する』ということなので、セクシーな声はいいわぁ、ということなのだと。これ皆さんどうおもう?私は物事を一般化するのは、それにラベルを貼ってしまってその外大勢が見えなくなるので嫌いなのだが、マイノリティを省いて全体の傾向とていえるのであれば、これはこれで面白いと思うのだけど。

私はプレゼンテーションや落ち着いて話しているときは重い声をしていてとてもよいオクターブがあるが、議論が白熱してくると(特に日本語では)高音が多くなる、という傾向があり注意、と、昔コミュニケーションの専門家にいわれたことはある。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 14, 2009

嗅覚と聴覚

金曜日自宅に戻る電車の乗換えで、ちょっと乗り換え待ち合わせが合ったので、エキナカをぶらり、そこで女の子しかいないlushの店舗にふらりと入る。

店員は明らかに困惑している様子。音楽に乗って、オススメの商品を紹介してくれるんだけど、コチラも多少品揃えとか傾向はなぜか知っているので、その辺を話すとよけいに驚かれる。というよりキモがられる。香りをかいで、ああこれはハチミツとバニラですかねぇ。。。と返事したら、唖然とされた。明らかにターゲティング層から外れており、彼女のマニュアル動作が崩壊しており、なぜかチョット悪いことをした気分。

昼間に入ったタリーズでは、米80年代のモータウンのクラシックスの曲が流れていて、余りお昼に時間が取れなかったけど大分言い気分になった。やはり嗅覚と聴覚は、リラックスには大きな要素だ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 09, 2009

KICHIRIで同期と

今日は昼間は都内で仕事をして、夕方飛行機で大阪へ。ふらっと大学時代の同期に声をかけて、大阪で合コン人気Top3?に入るKICHIRIで食す。

KICHIRI 千里店

3時間ほどひたすら恋愛時々下ネタトーク。仕事の話は、1%も話さなかったんじゃないか。大学での合宿で、テキーラ飲んで、へべろ気になりながら話していた内容と殆ど代っていない。唯一代ったのは、人生経験をして、それがいい幹事にネタになっているくらい。

タコしゃぶと麩料理がおいしかった。他は普通かなぁ。お店は明るめだけど、雰囲気よし。お客の6割が女性なのがよくわかる。女の子受けはいいとは思うけど。

| | Comments (2482) | TrackBack (0)

«ブログ再開